かわむら整体院です。

夏になると脱水症対策として水分補給の大切さをどこでも伝えられると思います。
今回は、そのときの注意点について簡単に説明します。

 

脱水症とは

脱水症というのは、「水分が抜けている」という漢字を使いますが、厳密にいえば体から体液な減少している状態のことをいいます。

体液というのは人の体にある水分のことで、一般的に体重の60%が体液であるといわれています(年齢や性別によって差があります)。

体の中の水分といっても、単純な真水ではありません。その中にはナトリウムやカリウム塩素などの電解質(ミネラル)が含まれています。

つまり、脱水症というのは単に体から水が抜けているだけではなく、ミネラル(特にナトリウム=塩分)も同時に抜けている状態をいいます。

 

脱水の重症度で分けてみると

  • 軽度:体重に対して3~5%の脱水で、口の渇きや尿の減少などの状態
  • 中度:体重に対して5~10%の脱水で、だるさ、頭痛、吐き気、めまい、しびれ、血圧低下
  • 重度:体重に対して10%以上の脱水で、内臓各部の機能異常がおきる

というような状態になるので早めに、こまめな水分とミネラル補給が必要になってくるわけです。

 

水分補給の方法

ではどのように水分補給をすればいいのでしょうか。

それは体液と同じような組成の水分をとることが一番です。
一番簡単なのは、水分と塩分を一緒に取るという対策もあります。

さらにいえば、適度な糖質と塩分を水と一緒に取ることで、腸からの水分吸収が効率的におこなわれます。

ただ、このような体液バランスを考えた飲み物を自作で作るのも難しいかもしれません。

 

そういう場合は、市販のものを有効に活用しましょう。

 

  • 水分と塩タブレット
  • 水分と塩キャンディー

という組み合わせもいいかもしれません。

 

またはスポーツドリンクをそのまま利用するのもいいでしょう。

経口補給輸液のようなものは、体液に近づけているので最適といえるでしょう。

 

運動時と安静時の水分補給の違い

ここで気をつけておきたいのは、運動時など大量に汗をかいているときと、安静にしているときの水分補給方法の違いです。

運動時は安静時とは体液の状態が変化しています。

 

普通のスポーツドリンクはアイソトニック飲料といって、安静時に水分吸収が効果的におこなわれるように作られていますが、運動時には逆に効率が悪くなります。

しかし、ハイポトニック飲料というタイプのものは、運動時に水分が吸収されやすいように作られています。

 

アイソトニック飲料とハイポトニック飲料では、糖分と塩分の割合が変わってくるので、商品の特徴をよく理解して購入されることをおすすめします。