院長

かわむら整体院です。

肩こりや腰痛、膝の痛みがあると、ついついこわばっている筋肉を揉みほぐしたくなりますよね。

「イタ気持ちいい〜」といいながら揉みほぐしていませんか?

実はかわむら整体院では、硬くなった筋肉の揉みほぐしをおこなっておりません。

お客さまによっては、物足りなさを感じることもあるくらい軽く触るくらいです。

今回はその理由をお話ししていきます。

 

もみほぐしていた過去

病院勤務時代、まだ理学療法士になりたての頃、私はまさに「もみほぐし」も理学療法のなかに取り入れていました。

あるときは

「肩が痛くてあがらないんです」

「う〜ん。肩甲骨のあたりに筋肉の硬さ(硬結といいます)ができていますね〜。とっておきましょう」

といいながらグリグリ・・・

またあるときは

「ヒザが痛いんです」

「う〜ん。ヒザの裏側の筋肉が硬くなっていますね〜。やわらかくしておきましょう」

といいながらグリグリ・・・

私自身の肩も、こってくるとグリグリ・・・

 

終わったあと患者さんは、

「すっきりした〜」「軽くなった〜」

とよろこんで帰ります。

私の肩も、イタ気持ちいいのでよくなったような気がします。

 

・・・・・・・・・

 

でもまた数日すると、

「痛いんです〜」

とやってきます。

私の肩も同じように硬くなっています。

なぜなのでしょうか?

 

筋肉をもみほぐすとどうなるか?

筋肉というのは骨と骨をまたいでくっついているあの「あかいやつ」のことですよね。

マンガなどで「肉」と聞いて思い浮かべるのと同じようなものだと想像してください。

この筋肉をもみほぐすとどうなるか? 想像したことあるでしょうか?

筋肉は繊維性の細胞の集まりです。この細胞の動きが悪くなったとことが硬くなります。一般的に「硬結(こうけつ)」といわれたりして、そこを揉みほぐしてつぶすと筋肉細胞の動きが良くなったりします。

想像してください。

揉みほぐしてつぶすんです。

 

鳥のササミ肉の硬いところを揉みほぐしてつぶすとどうなるかわかりますか?

 

ササミの肉がつぶれてしまいます。

 

実は同じようなことが、人間の体でも起きています。

 

筋肉の硬いところ「硬結(こうけつ)」をつぶすと、一時的に筋肉は動き出し、血流が良くなります。

でもつぶされた筋肉細胞は傷つきダメージを負います。→これが揉み返し。

もちろんダメージを受けた組織は、自然治癒力があるので回復しますが、その過程で硬くなります。→ 肩こりの再発

 

こんなことが繰り返されて、肩こりや腰の痛み、膝の痛みが根本的に解決できるとは思えません。

 

揉まなくてもいい方法があるなら

では硬くなった筋肉はどうすればいいのか?

揉まなくてもいい方法があれば、それが安全な方法なら、そちらを選ぶのが当院の方針です。

その方法とは、骨格矯正です。

関節面の動きをよくして、骨格の動きが整ってくると、自然と周りの筋肉は余計な緊張状態から解放されていきます。

そう、揉まなくても柔らかくなるんです。

どうやって関節を操作するかといえば、それが企業秘密です。

ウソです(笑い) 公開します。

関節面は近づけるとなめらかになる性質を持っています。

なので、適正な力で近づけて、適正な方向に動かせば、関節の動きはなめらかになり、筋肉は緩んできます。

その「適正な」動きは、さすがに熟練しないとわかりません。

ちゃんとした解剖学や生理学・生物学を学んで、なんどもなんども練習をして、初めて身につくものです。

 

かわむら整体院では、そこが分かっているから「揉まない」という選択をしています。

熟練の技術を体験したい方は、かわむら整体院までお越しください。