こんにちは。かわむら整体院です。

ヘルニア

という言葉を聞いたことがあるでしょうか?

たいていは腰が痛くて病院に行ったらヘルニアと言われた

というようなことで聞き覚えがあるかもしれません。

ヘルニアとは、

背骨のことを脊椎(せきつい)といいます。

この脊椎(せきつい)は首のあたりの頚椎(けいつい)、背中のあたりの胸椎(きょうつい)、腰のあたりの腰椎(ようつい)、骨盤のあたりの仙椎(せんつい)と尾椎(びつい)といった、小さな骨の組み合わせでできています。

それぞれの脊椎(せきつい)の間には、椎間板(ついかんばん)というぶよぶよしたグミみたいなものが詰まっています。

このグミのようなものが、正常な場所からちょっと逃げ出し、
背骨(せきつい)の中を通っている神経にいたずらをすると

痛みやしびれやマヒ

といった不都合ができます。

この「グミのちょっと逃げ出した状態」

をヘルニアというんですね。

首の部分のグミだから

首のヘルニアになるわけです。

もちろん

きょうついヘルニア

ようついヘルニア

もあります。

けっこう診断名っていうのは

体の部位とそこがどうなっているか、の組み合わせなので
慣れれば見当がつくかもしれないですよ。

 

原因は、

また別な機会に説明しますね。