かわむら整体院です。

骨盤矯正や骨格矯正の方法はいろいろありますね。その中でも強い力で背中を押されて余計痛くなったとか、ひどい場合には背骨が折れたとかマヒが残った、というニュースも聞くことがあります。

当院ではバキバキさせない方法を取り入れています。その理由を説明していきます。

 

骨格矯正の方法

骨格矯正や骨盤矯正と聞けば、どのようなイメージをされるでしょうか?

  • バキバキさせてこわい
  • お腹が引きしまる
  • ダイエット効果がある
  • ストレッチでできる

まずお断りしておくべきことは、当院ではこのようなイメージの骨盤矯正はおこなっておりません

当院のおこなう骨格矯正は、関節の仕組みを理解した上で、ほとんど負担のない施術をおこなうのが特徴です。なぜ、そういった方法をとるのかといえば、関節を操作するからです。

 

関節のしくみ

関節というのは、骨と骨のつなぎ目のことです。厳密に言えば動かない関節と動く関節があるのですが、今回ここで取り上げるのは動く関節(滑膜性関節といいます)のことをいいます。

関節の特徴は、軟骨と密閉性で表されます。

骨の先端がとても滑らかな(オリンピックのスケートリンクより滑らか!)軟骨で覆われていて、関節の動きを軽くしています。さらにその周りはフクロで覆われて密閉され、関節内は機械のオイルのような潤滑液で満たされています。

この人体の神秘

とでもいうようなしくみによって、私たちの体は動きたいように動くことができるわけです。

軟骨と潤滑液の関係性はまたまた面白いものがあります。

なんと、

関節が近づくと、その刺激が軟骨に伝わり、軟骨から潤滑液が滲み出てくるのです。

再度強調しておきます。

この人体の神秘!

 

関節には向きがある

体じゅうの骨格を眺めていると、骨と骨の間(つまり関節)には、向きがあることがわかります。

試しに、指を曲げ伸ばししてみてください。

 

手のひら側に曲げるか

手の甲側に伸ばすか

この2種類の動きしかできませんよね。

でも、肩はあっちこっちに動きます。

 

それぞれの関節には、このように動く向きがあるのです。

それぞれの関節の形と動き方を熟知していれば、いろんなアプローチができてきます。

 

バキバキさせない理由

ここまで読んでいただけた方は気づかれたかもしれません。

関節のしくみと動く方向が分かっていれば、バキバキさせなくても骨格の矯正は可能です。骨盤矯正はそのひとつでしかありません。

ここにふた通りの方法があります。

  • 強い力や反動を使って骨格を矯正する方法
  • 関節の仕組みを理解して柔らかく矯正する方法

仮に効果が同じであれば、私はお客さまの負担の少ない方を選びます。

実は、関節のしくみを理解していると、効果は絶大に上がることも経験上感じているところでもあります。

 

本日は以上です。

お読みいただき、ありがとうございます。