関節運動

ごあいさつ

こんにちは
院長の川村です。

僕はいまでこそ治療家として活動していますが、この道に進むまでに何度か転機を迎えています。

 

1番目の転機

子どもの頃の僕は、病弱で臆病で親に甘えてばかりでした。

そんな子どもがはじめ憧れを抱いた仕事は、大空をかけるパイロットや屋根の上で旗を振る火消しではなくて、青空をバックに屋根に立つ大工さんでした。その手でなんでも作り出せるのがカッコよかったんですね。

そこを目指して理系の道に進み、建築を学び、実際に大工になってみると、高いところが苦手だということに気づいてしまったんです。

その後も理系の分野、とくに肉体労働系をしていたのですが、あるキッカケでアフリカで理系の教師としてボランティア活動をすることになりました。

そのキッカケというのが、アフリカでの食糧難の報道とそれに対するアメリカ音楽界の動きです。それに感化されて、「僕もアフリカで何か役立ちたい」と思ったのです。いろいろ紆余曲折がありましたが、理系の分野にいた経歴が役立ってアフリカでの活動が実りました。

 

これが一番目の大きな転機です。

そこでは2年間、教師として活動していました。

アフリカでの活動は困難を極めました。

若気の至りで飛び出したものの、教師としての実力もなく、あるのは体力と気力のみ。更には食べるものさえままならず、病気にも簡単にかかってしまうありさまです。

授業風景za
雄大な大自然の中で、自分の能力と命の限界に常に向き合う日々でした。

帰国後、ひとを助ける仕事に就きたい、と理学療法士の資格を取得します。

 

2番目の転機

2番目の大きな転機は、徒手療法との出会いです。

理学療法士としての臨床経験は、自分の能力の限界、現代医学の限界への挑戦の連続でした。病気の後遺症をもって悩み苦しむ人たちを目の前にして、研鑽を積み、試行錯誤を繰り返していく過程で出会ったのが、ある徒手療法でした。これは、関節の機能を研究し尽くした、究極的かつ安全に施術する骨格矯正技術です。
それを学んでから病院での治療効果は格段に向上し、多くの患者さんから喜ばれるようになりました。
そして、その実績が認められ、海外で理学療法活動や技術指導をすることになりました。

姿勢講座ur 

%e6%8a%80%e8%a1%93%e6%8c%87%e5%b0%8e

   %e3%83%97%e3%83%ac%e3%82%bc%e3%83%b3%ef%bc%91

 

 

 

 

 

 

3番目の転機

そして3番目の転機が、究極の施術法との出会いです。

「もっとたくさんのひとを助けたい」、とこれまでさまざまなことを学んできました。
そこで出会ったのが、イネイト活性療法です。
これまでの医学の常識を覆す、しかし奥深いところまで原因を探り、そこに治癒力を当ててていく。さらにその応用性は無限大。

まさに僕の目指していたものに出会うことができました。

僕はこれまで、病院などの健康保険や介護保険の枠の中で活動していました。しかし、助けを必要としている人は保険の枠におさまらないくらいたくさんいます。そのために保険の枠を出ることにしました。

 

五島での開業を決意

そして僕は五島の美しさに惹かれ、マラソン大会には何度も出場しています。その大自然と、皆さんの優しさへの恩返しとして、五島に整体院を開業することを決心しました。

 

 

 

 

 

 

 

症状を抑えようとすると病気は増えていきます。
病気にならないカラダを作ると病気は治っていきます。
それが健康というものです。
この施術法をみなさまの日常の健康管理に役立てていただけたら、これに勝る喜びはありません。
みなさまの健康を心より願っております。